Ace Players 01

エース社員の一日

システム開発事業部

8:40一日の事前準備、情報確認
チームで仕事をしている以上、進捗状況は常に発生します。
現在の職場では一日の始まりに機能担当ごとのリーダーが集まり、朝のミーティングが行われます。
その時に必要な、プロジェクトの朝一番の進捗状況を把握し、ミーティングへ臨むように心がけています。
業務は9時からですが、多少早く来て確認を行うことで心にも余裕が生まれ、落ち着いて業務が開始できる、それも念頭において早めの出社をしています。
それに、電車が多少遅延してもぎりぎり間に合うくらいは心がけています。
9:00朝ミーティング、後輩社員への指示、午前の作業
後輩社員へミーティングのフィードバック、それから本日の業務の指示を行います。
同時に、午前の初めのうちは本日の業務の計画です。
到達すべき点はとこか、本日どのくらいの作業を割り振るのか。それを決めたうえで、作業を行うように心がけています。
また、ミーティングの内容から新たに心がける点、しなければならないことが発生したときはそれをどう処理するのか、そういったことも話し合う時間でもあります。
11:40昼食
昼の時間は、きっちりと取っています。
仕事を持ち込んで休憩時間を削ったところで、作業効率はそう多くはあがらないばかりか、連続しすぎる作業はかえって効率を落としてしまうことにもつながります。
休憩中は休むことも、大事な仕事です。

12:40午前に切り分けた作業の継続、後輩の作業の進捗の確認、他開発チームとの連携
午前中に既に計画を立てたことを、午後は引き続き行っていきます。
また、後輩の進捗を時折確認するのも、重要なコミュニケーションです。
もちろん、話がコミュニケーションのレベルで脱線するのも、またいい交流になります。
仕事は人と人とで行うものなので、他のチームとの連携も欠かせません。
そういった連絡や相談も行い、連絡を密にして作業を進めていきます。
18:00夕方のミーティングと帰宅
夕方にも朝と同じく、ミーティングがあります。
一日の進捗や明日の予定、マイルストーンの確認や作業計画の見直し。
ミーティングで流れてくる情報から、特に関わりのあること、知っていて損のない情報、など、いくつかの重みをつけて書き留めていきます。
その後、無意味な残業はしません。
特に火急の仕事の必要がなければ、明日のためにも帰宅を行うように心がけています。